英検1級を初めて受験してきました!

〈スポンサードリンク〉



こんにちは、ぶたこです。

6月4日(日)に英検1級を初受験してきました!

英検を受けるのは、準2級を受けて以来数年ぶりなので少しどきどきです。

 

会場は某私立大学。13時開始なのですが、12時30分すぎに教室に入るとまだ5、6人ほどしかいませんでした。

リスニングがよく聞こえるように前の席に座ったほうがいいとどこかで読んだのですが、さすがに真ん中は落ち着かないので、前の方の席のはしっこを陣取りました。

また開始までの時間は単語帳(出る順パス単)の最後の見直しに使いました。

 

最初の30分はマークシートへの必要事項記入があったり、テストの注意事項のCDが流されたりして、 13時30分からまずは筆記試験100分

隣の人がおそらく大問4の英作文からやっていて、しかも何か書いては消しゴムで消してて机が震える震える。

気が散るけど仕方ない・・・。気を取り直して集中。

 

大問1の語彙問題は今まで解いた過去問と同じような難易度。前日にパス単で詰め込んだ単語がいくつか出てラッキー!

けれど勘で答えた問題も結構あったような気がする…。もっとパス単をしっかり覚えておけばよかったと後悔。

大問2の空欄補充問題は、一つはイギリスの海賊放送について、もう一つはリサイクルについてで、それほど難しくなかったような気がします。空欄の前後に注意しながらしっかり読んで解答できました。

大問3の長文問題は個人的に難しく感じました。1つ目は「The Jungle」という小説について、2つ目は「Negligible Senescence」という細胞やら老化やらについての話、3つ目は「The conquest of New France」という歴史もの。

特に2つ目は見慣れない単語が出てきて、1度読んでも内容がつかめない部分もいくつかあり、2度読みしてかなり時間をロスしてしまったかも。

大問4の英作文のテーマは、「言論の自由の制限は正当化されうるか?」。これは・・・なんか似たようなテーマを最近大学の授業でやったぞ。そしてあんまり真面目に聞いてなかったことを猛烈に後悔する。

とりあえず導入は自分の意見を書いて3つのポイントに軽く触れて、ボディは3つの理由と具体的な内容・例をそれぞれ書いて、結論で全体をまとめる・・・と試験前にイメージトレーニングした形式どおりには何とか書けました。

 

筆記試験が終わって今度はリスニングテスト約36分

リスニングテストも今までやった過去問と同じような形式で、特に難しくなかったと思います。

けれど最後になると集中力を保つのがだんだん難しくなってくるのでここが粘りどころですね・・・。

 

とりあえず自分の持っている全力は出し切れたと思いますが、やはり勉強不足を痛感しました。合否に関しては、合格ラインを超えた確信も落ちたという確信もない微妙な感じです。

1番の反省点は語彙力の不足です(パス単を完璧にしておきたかった)。覚えてさえすれば点が取れる語彙問題に自信を持って解答できなかったのは、やはり致命的だったと思います。

そして、英作文の練習不足。やはり限られた時間内に、トピックに対する自分の意見を補強する理由を3個思いつき、かつ文法ミスに気を付けながら書くというのは思っていたよりも難しかったです。

 

ただこの数か月一生懸命勉強したので、なんとか合格ラインは超えていますように・・・!

もし一次試験に通ったときのために、二次試験対策もぼちぼちやっていきたいと思います。

 

↓英検1級受験記の続きはこちら。

英検1級の一次試験に合格しました!

2017年6月23日

英検1級の二次試験を受けてきました!

2017年7月12日

 

↓英検1級の一次試験に合格するまでに行った勉強法を詳しく書いています。

【一次試験編】私が英検1級合格までに実践した勉強法とおすすめ教材

2017年12月5日



〈スポンサードリンク〉