Jude Law(ジュード・ロウ)さんからのファンレターの返信

〈スポンサードリンク〉



こんにちは。

今回紹介するのは、イギリスの俳優Jude Law(ジュード・ロウ)さんからのファンレターの返信です!

 

ジュード・ロウさんを初めて見た映画が、「シャーロック・ホームズ(原題:Sherlock Holmes)」

名探偵シャーロック・ホームズと彼の助手・ワトソンが、蘇った黒魔術師・ブラックウッド卿の陰謀を阻止しようとするアクションミステリー大作です。

 

自分の持っていたイメージと180度異なるような、エキセントリックでめちゃくちゃ強いホームズが面白くて、たちまちこの映画のファンになってしまいました!

ジュードさん演じるホームズの相棒・ワトソンは、わりと自分のイメージに近かったのですが、ハチャメチャなホームズにしばしば振り回されている様子が笑えます。

迫力のあるアクションやユーモアのあるやりとりも魅力で、最後にはホームズがびしっ!と謎解きするシーンは爽快でした。

 

続編の「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム(原題:Sherlock Holmes: A Game of Shadows)」では、前作のブラックウッド卿との戦いの裏で暗躍していた宿敵・モリアーティ教授とホームズの、天才同士の頭脳戦が描かれています。

 

前作よりアクションもミステリーもさらにパワーアップしていて見ごたえ抜群でした!

ホームズがワトソンの飼い犬を実験台にしたり、女装してワトソンの新婚旅行を邪魔したり、謎な衣装に身を包んで壁と同化してたり、お茶目な(?)行動に爆笑が止まりませんでした。

 

ちなみにアイリーン・アドラー役のレイチェル・マクアダムズさんからも返信をいただけたので、また別の機会に紹介したいと思います!

 

また「ヒューゴの不思議な発明(原題:Hugo)」も最近見たお気に入りの映画です。

1930年代のパリを舞台に、孤児の少年・ヒューゴが、亡き父が修理しようとしていた機械人形を完成させようとするなかで、この人形の鍵を持っていた女の子・イザベルとの出会いや彼女の養父ジョルジュの秘密に迫っていく様子を描いています。

ちょっぴりノスタルジックな雰囲気のある映画で、最後には心が温かくなるようなストーリーでした。

ジュードさんは主人公ヒューゴの父親役を演じています。

 

いただいたのは白黒のかっこいいポートレイト2枚。サインはプリントだと思われますが、とってもうれしかったです!

 

来年アメリカで公開される「ファンタスティック・ビースト」の2作目では、若い頃のダンブルドア役として出演されるみたいで、日本でも見られるのが今から楽しみです!

また公開日などは未定ですが、「シャーロック・ホームズ」の三作目の製作も発表されているみたいです。

早くまたロバート・ダウニー・Jrさんとジュードさん演じるホームズ&ワトソンを見られるのが待ちきれないなあ。

読んでいただきありがとうございました!

 

海外スターからのファンレターの返事♪

2017年7月19日

海外スターへのファンレターの書き方・送り方まとめ

2018年1月13日

〈スポンサードリンク〉