ドラマ「リバーデイル」のあの曲はカバー?オリジナル?全曲調べてみました

〈スポンサードリンク〉



ドラマ「リバーデイル」の大きな魅力の一つといえば、キャストたちが実際に歌うミュージカルシーンがたくさんあること!

けれどこれらの曲がカバーなのか、オリジナルなのかは、若い世代では意外と知らない方が多いかもしれません。

そこでこの記事では、ドラマの中でキャストによって歌われ、サウンドトラックにも収録されているすべての曲に関して調べてみました。

無料で視聴できるiTunesのボタンもつけているので、ぜひ原曲と聞き比べて楽しんでみてください!

目次

 ▶シーズン1
 ▶シーズン2
 ▶シーズン3

シーズン1

1. The Song That Everyone Sings

オリジナルソング。

 

2. Fear Nothing

オリジナルソング。

 

3. All Through the Night

原曲は、アメリカ人男性シンガーソングライターのジュールス・シアーによる曲。

その後アメリカ人女性歌手のシンディ・ローパーがカバーしたバージョンが最も有名です。

 

4. Dance Dance Dance

オリジナルソング。

 

5. Candy Girl (Sugar Sugar)

原曲は、アニメ「アーチーでなくちゃ!」に登場するバンド、アーチーズによる曲。

 

6. I Feel Love

原曲は、アメリカ人女性歌手のドナ・サマーによる曲。

 

7. I’ll Try

オリジナルソング。

 

8. I Got You

オリジナルソング。

 

9. Kids In America

原曲は、イギリス人女性歌手のキム・ワイルドによる曲。

 

10. Our Fair Riverdale

オリジナルソング。

 

11. Astronaut

原曲は、アメリカの4人組バンド・Transvioletによる曲。

 

12. These Are the Moments I Remember

オリジナルソング。

目次にもどる

<スポンサードリンク>



シーズン2

1. Milkshake

原曲は、アメリカ人女性R&B歌手のケリスによる曲。

 

2. Out Tonight

原曲は、ブロードウェイミュージカル「レント」からの曲。

 

3. Spooky

原曲は、アメリカ人男性歌手のクリス・モンテスによる曲。

 

4. Mad World

原曲は、イギリスの男性2人組バンド、ティアーズ・フォー・フィアーズによる曲。

 

5. God Rest Ye Merry Gentlemen

原曲は、英語の伝統的なクリスマスキャロルとして知られています。

 

6. Union of the Snake

原曲は、イギリスのロックバンド、デュラン・デュランによる曲。

 

7. Bittersweet Symphony

原曲は、イギリスのロックバンド、ザ・ヴァーヴによる曲。

 

8. Sufferin’ Till Suffrage

原曲は、アメリカのテレビ番組「スクールハウス・ロック」で、女性歌手のEssra Mohawkらによって歌われた曲。

 

9. You’ll Never Walk Alone

原曲は、ロジャース&ハマースタインによるミュージカル「回転木馬」からの曲。

 

ちなみにミュージカルエピソードに登場した曲はすべて、実際の「キャリー:ザ・ミュージカル」からの曲です。

目次にもどる

<スポンサードリンク>



シーズン3

Jailhouse Rock

原曲は、アメリカ人男性歌手のエルヴィス・プレスリーによる曲。

 

Anything Goes

原曲は、コール・ポーター作詞作曲で、ミュージカル「エニシング・ゴーズ」からの曲。

 

Dream Warriors

原曲は、アメリカのヘビーメタルバンド・ドッケンによって、映画「エルム街の悪夢3 惨劇の館」のために歌われた曲。

目次にもどる

ドラマ「リバーデイル」でキャストが歌う曲には、オリジナルもあり、カバーもありと様々。

今後もアーチーやヴェロニカたちがどんな曲を披露してくれるのか、はたまたミュージカルエピソードを見られるのか、楽しみですよね♪

「リバデ」のサウンドトラックに興味をもたれた方には、こちらの記事もおすすめです。

またそれぞれのシーズンのあらすじ&個人的な感想をまとめた記事もよければのぞいてみてください♪

〈スポンサードリンク〉










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です