【洋楽】ハリウッドや名声について歌った曲15選

〈スポンサードリンク〉



今回紹介する洋楽のテーマは、「ハリウッドや名声について歌った曲 」。

●セレブの華やかな世界についての曲
●名声を手にしたあとの苦悩やプレッシャーについての曲
●暗に音楽業界を批判しているとされる曲

・・・など、有名人の本音やハリウッドの裏側が垣間見れるような曲を集めてみました!

テーマ別おすすめの洋楽まとめ記事一覧(更新中)

2018年7月16日

 

1. Applause … Lady Gaga

観客からの声援や拍手喝采が、いかに自分のモチベーションになっているかを力強く歌っている曲。

究極のエンターテイナーであるガガ様らしい歌詞(!)で、後半にかけての盛り上がりは思わず鳥肌が立ちます。

彼女が激しく歌って踊る、アーティスティックなミュージックビデオも期待を裏切りません!

 

2. Falling Down … Selena Gomez & The Scene

人気歌手のセレーナ率いるバンド、セレーナ・ゴメス&ザ・シーンによる曲。

セレーナの皮肉たっぷりの歌い方が痛快ですが、インタビューで彼女自身が語ったことによると、ハリウッドでの生活や名声を風刺しているのだとか。

バンドメンバーも出演して演奏する躍動感のあるミュージックビデオも見ごたえあり!

 

3. Fly On the Wall … Miley Cyrus

しつこくプライベートを追いまわしてくるメディアを、うっとうしいハエにたとえて歌っているちょっぴり挑発的な曲。

かっこいいミュージックビデオは、マイケル・ジャクソンの「スリラー」にインスパイアされているのだとか。

マイリーがパパラッチから逃げようとするストーリー仕立てで、オチが面白い!

 

4. La La Land … Demi Lovato

人気歌手デミ・ロヴァートのロックでパワフルな歌声がかっこいい曲。

ハリウッドで成功しても、自分らしさを失わないこと、他人に自分を変えさせないことを歌っています。

デミが主演するドラマ「サニーwithチャンス」の共演者が、多数出演するミュージックビデオにも注目!

 

5. Long Live … Taylor Swift

音楽業界で次々と輝かしい功績を残してきた人気歌手のテイラー・スウィフト

この曲は、自分のチームやファンたちと築き上げてきた誇らしい瞬間を振り返って書いたものなのだそう。

ブラジル人カントリー歌手、ポーラ・フェルナンデスによるカバーバージョンも知られています。

 

6. Love Song … Sara Bareilles

グラミー賞にもノミネートされた女性歌手、サラ・バレリスによるこの曲は、あなたにラブソングは書かないわ!と歌っています。

自分らしい曲を書かせてくれないレコードレーベルへの批判を暗に歌っている、と言われて話題に。

タイトルからは想像していなかった、ちょっと皮肉のこもったスマートな歌詞が素敵です。

 

7. Mercy … Shawn Mendes

女の子への切ない片思いとも解釈できる歌詞ですが、もとは自身の音楽との関係について歌った曲だとインタビューで語っています。

音楽をつくることへの愛が、時には完璧な作品にしたいあまり、思い通りにならなくて苦しさやプレッシャーにつながりうることを歌っているのだとか。

ショーンが溺れそうになるショッキングなミュージックビデオは、それを暗に示しているのかもしれません。

 

8. Money On My Mind … Sam Smith

人気歌手サム・スミスの美しい歌声と率直な歌詞、クセになるサビで何度も聞きたくなる一曲。

自分が音楽をつくるのはお金のためじゃなくて、音楽を愛してるからだと歌っています。

実際にインタビューでは、お金のためヒット曲を書くよう自分に頼んできたあるアーティストに触発されて書いた、と明かしています。

 

〈スポンサードリンク〉




 

9. Ordinary Girl … Hannah Montana

人気歌手のマイリー・サイラスが主演するドラマ、「ハンナ・モンタナ フォーエバー」からの一曲。

どんなに有名になっても、心は普通の女の子のままだとみんなが分かってくれたら、とエモーショナルに歌っています。

ミュージックビデオには、ドラマ「オースティン&アリー」で有名になる前のロス・リンチやR5メンバーのライカーがちょこっと出演。

 

10. Rumors … Lindsay Lohan

メディアからの批判や自分を常に監視するパパラッチにうんざりして、どうして普通の生活をさせてくれないの?と訴えるように歌っています。

華やかなイメージのハリウッドですが、名声の代償は有名にならないと分からないのかなあと考えさせられる歌詞。

ゴシップの的になっていたリンジーが歌っていると、なんだか説得力がありますね。

 

11. Secrets … OneRepublic

アメリカの人気バンド・ワンリパブリックが歌う、ずっしりと胸に迫るような一曲。

自分の現状や不誠実で表面的な人々にうんざりして、自分の秘密をすべて正直に告白したい気持ちを歌っています。

ドラマ「私はラブ・リーガル」をきっかけに知ったのですが、初めて聴いた時は本当に鳥肌が立ちました!

 

12. Someone in the Crowd … Emma Stone, Callie Hernandez, Sonoya Mizuno & Jessica Rothe

大ヒットミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」からの一曲。

軽快で胸が躍るような曲ですが、少し切ない部分もあって、映画のサントラで一番印象に残っている曲。

主役のエマたちが劇中で華麗に歌って踊るシーンも、ザ・ミュージカル!という感じで見ていてわくわくしたシーン。

 

13. Space … Sabrina Carpenter

ドラマ「ガール・ミーツ・ワールド」で知られる人気女優・歌手のサブリナ・カーペンターによる曲。

周囲からの視線やプレッシャーに押しつぶされそうになって、もう少し私にスペースをちょうだい、と歌っています。

サブリナのかっこいい歌声とドラマチックな曲調がお気に入り!

 

14. Starstruck … Sterling Knight

スターリング・ナイト自身が主演し、ダニエル・キャンベルが相手役を務めた映画「スターにアイ・ラブ・ユー」のテーマソング。

Starstruckは「スターに心を奪われて」という意味ですが、まさにきらびやかで誰もが憧れるスターの世界について歌っています!

サビでぶわっと盛り上がる感じが本当にかっこいい一曲。

 

15. The Lucky One … Taylor Swift

人気歌手のテイラー・スウィフトが、有名になってから感じるようになった不安やプレッシャーを歌ったこの曲。

以前は成功することを夢見ていたけれど、自分が名声を手にした今は、華やかな世界から自分の意思で姿を消した大スターの気持ちが分かる、と歌っています。

ハリウッドで厳しい競争や視線にさらされる彼女の心境を垣間見れるような曲です。

 

以上が、「ハリウッドや名声について歌った曲」の紹介でした!

↓そのほかのテーマ別洋楽まとめも、ぜひチェックしてみてください♪

テーマ別おすすめの洋楽まとめ記事一覧(更新中)

2018年7月16日



〈スポンサードリンク〉








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です