CWドラマ「The 100/ハンドレッド」シーズン5第1話の感想と今シーズンの見どころ

〈スポンサードリンク〉



こんにちは。

ドラマ「The 100/ハンドレッド」シーズン5が、Netflixで配信開始されましたね!

てっきりまとめて配信されるまで待たなきゃいけないと思っていたので、うれしいサプライズでした。

早速見てみた第1話の感想と今シーズンの見どころをまとめてみたいと思います!

 

CWドラマ「The 100/ハンドレッド」シーズン4あらすじ&感想

2017年9月12日

 

シーズン4の内容があやふや!という方は、ぜひ↑の記事もあわせてどうぞ。

目次

 ▶地上に一人残されたクラークは・・・
 ▶宇宙へ行ったベラミーたちは・・・
 ▶シェルターに入ったオクタヴィアたちは・・・
 ▶迫りくる新しい敵は何者?!
 ▶注目の新キャラクターたち

地上に一人残されたクラークは・・・

シーズン4最終話で、ベラミーたちの宇宙船に乗ることができず、一人地上に取り残されてしまったクラーク。

「闇の血」を持つ彼女はプライムファイアを生き延びたものの、アークにいるはずのベラミーたちとも、シェルターに入ったオクタヴィアたちとも音信不通で、一人地上をさまよい続けています。

先の見えない日々と孤独から、死んで楽になろうと一瞬考えるクラーク。

しかし一羽の鳥を追いかけるなかで、唯一プライムファイアによって破壊されなかった緑豊かな土地「エデン」へたどり着き、もう一人の生き残りの少女・マディに出会うのです。

 

第1話では主に、プライムファイア後クラークが一人さまよう様子、そしてシーズン4の最後でちらっと登場したミステリアスな女の子・マディとの出会いが描かれてました。

一人で誰もいない地上を旅するクラークがちょっとかわいそうになりました・・・。あれじゃ正気を失っても不思議じゃない。クラークのたくましさとサバイバルスキルにびっくりです。

同じく「闇の血」の女の子・マディとは、6年間も2人で生き抜いてきただけに、親子のような強い絆があるのかも。2人に関わるエピソードは、今後描かれていきそうなので楽しみです。

目次にもどる

宇宙へ行ったベラミーたちは・・・

プライムファイアから6年後、いまだ宇宙にいるベラミーたち。

クラークやシェルターと交信することができず、燃料問題で地球にも行けない彼らは、地上で唯一残る緑の地「エデン」を見つめているだけ。

そんななかこの「エデン」に近づく数隻の宇宙船に気づいたベラミーたちは、アークを離れてこれらの船にドッキングを試みようと決意しますが・・・。

 

明らかにやばそうな雰囲気の宇宙船にドッキングするなんてやめて~!と叫びそうになりました(笑)

宇宙に行ったメンバーのなかでも、エモリとマーフィーはどうやら別れて険悪そうだし、そうかと思えばベラミーとエコーは恋人になってるし(モンティとハーパーは変わらずだけど)。

6年間の間に何があったんだろう??と気になりますが、これから小出しにして描かれていきそう。

 

特に今シーズンからレギュラーに昇格した、エコー役のTasya Telesさんの登場シーンはかなり増えるそうなので期待したい!

Bellarke(ベラミー&クラーク)ファンには残念(?)ですが、2人の関係がどうなっていくか見守りたいと思います。

あとレイヴンとマーフィーにも何かしら面白い展開がある、とショーランナーの方によってほのめかされているので楽しみ(ロマンチックな関係か、はたまた友情か)。

それにしてもベラミーのヒゲとモンティの新しいヘアスタイルに目が行ってしまうのは私だけだろうか(笑)

目次にもどる

シェルターに入ったオクタヴィアたちは・・・

シーズン5第1話ではほとんど描かれなかった、シェルターに入ったオクタヴィアたちの様子

クラークが掘り出そうとしても、無駄でしたし。

ただ第1話の最後には、男性が命がけで殴り合いの決闘をしていて、それをオクタヴィアが高みから見ているシーンが短く映し出されます。

シェルターのなかの人たちは無事なはず・・・とは思っていたけれど、一体なかで何が起きているの?!と気になる終わり方でした。

目次にもどる

〈スポンサードリンク〉




迫りくる新しい敵は何者?!

プライムファイアから6年後、緑の地「エデン」に上陸した謎の宇宙船

クラークが茂みに隠れて銃を構えるなか現れたのは、大勢の武装した囚人たちでした。

 

エリギウス社のガガーリン囚人移送船は、地球を荒廃させた一番最初の核戦争以前の宇宙船。

乗っているのは長い間冷凍休眠していた囚人たちで、プライムファイアのことをまだ何も知らないようです。

囚人と言っても、シーズン1で地球に送りこまれた不良少年少女とは訳が違って、ガチの犯罪者だからめちゃくちゃ凶悪犯とかもいるはず

まだまだ謎にあふれていますが、彼らが今シーズンの新しい強力な敵であるのは間違いなさそう。この緑の地「エデン」をめぐる熾烈な戦いが繰り広げられるのでしょうか。

目次にもどる

注目の新キャラクターたち

今シーズン追加された、新しいキャストにも注目。

 

まず今シーズンで大きな役割を果たすと思われるのが、クラークと行動を共にする「闇の血」の少女・マディ。演じるのはLola Flanery(ローラ・フラナリー)さんです。

ドラマ「シャドウハンター」でのシーリーの女王役や、最近ではリース・ウィザースプーン主演のNetflixオリジナル作品「ホームアゲイン」にも出演されていました。

 

そして、囚人移送船で現れる新たな敵を演じるキャストたちにも注目。

新しい敵の一人Paxton “Graveyard” McCrearyを演じるのは、イギリス出身の俳優William Miller(ウィリアム・ミラー)さん。

元軍人で冷徹な囚人移送船のリーダーCharmaine Diyozaを演じるのは、女優Ivana Milicevic(イワナ・ミルセヴィッチ)さん。

他にも、囚人の一人で非情なシリアルキラーVinson (演じるのはMike Dopud(マイク・ドプド)さん)、宇宙探索のためにエリギウス社の任務に参加したZeke Shaw (演じるのはJordan Bolger(ジョーダン・ボルガー)さん)など新キャラがたくさん!

これまでのメインキャラの一人と移送船のメンバーの一人の間にロマンスが生まれる?なんてうわさもあるので、本当だとしたらこのZekeというキャラが有力かも。

目次にもどる

第1話から期待を裏切らず、はらはらどきどきさせられた新シーズン。

クラーク、宇宙のベラミーたち、そしてシェルターのオクタヴィアたちの再会が本当に待ちきれない!

「エデン」をめぐる新たな敵との戦いも気になるし、タイムジャンプした6年間の出来事もまだまだ描かれていないことがたくさんありそうだし。

今シーズンは全13エピソード、毎週1話ずつ配信されるようなので、毎週楽しみに見たいと思います!

 

↓シーズン5のあらすじ&感想が気になる方は、こちらもあわせてどうぞ。

CWドラマ「The 100/ハンドレッド」シーズン5のあらすじ&感想

2018年9月19日

 

↓新しい海外ドラマを探している方にはこちらもおすすめです。

【2020年最新】Netflixのおすすめ海外ドラマまとめ

2019年1月6日



〈スポンサードリンク〉








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です