【洋楽】アメリカが歌詞やタイトルに登場する曲15選

〈スポンサードリンク〉



今回紹介する洋楽のテーマは、「アメリカが歌詞やタイトルに登場する曲」。

アメリカについて歌った洋楽、あるいはタイトルや歌詞からアメリカを連想できるような洋楽を集めてみました!

気分だけでもアメリカに行ったような(?)気分を味わいたい時に、ぜひこれらの曲を聴いてみてはいかがでしょうか?

テーマ別おすすめの洋楽まとめ記事一覧(更新中)

2018年7月16日

 

1. American Girl … Bonnie McKee

アメリカ人女性歌手のボニー・マッキーによる曲。

私はアメリカン・ガールよ!と、はじけるように明るく楽観的に歌っていて、聴いているだけでハッピーな気分になれちゃいます。

ボニー自身が主役のキュートなMVの他に、ケシャ、ケイティ・ペリー、カーリー・レイ・ジェプセンといった名だたる歌手がリップシンクしながら登場する別ビデオも豪華!

 

2. California Gurls … Katy Perry feat. Snoop Dogg

人気女性歌手のケイティ・ペリーが歌うのは、ハッピームードあふれるカリフォルニア賛歌。

太陽に照らされた開放的な風景が思い浮かんできて、思わずカリフォルニアに行ってみたくなります!

ケイティが色とりどりのお菓子に囲まれながら歌うMVも、かわいらしくて見ているだけで夢見心地に。

 

3. Cali Girls … R5

ロス・リンチらが所属する音楽グループ、アール・ファイブによる陽気で明るいこの曲。

ホットで魅力にあふれた「カリフォルニアの女の子たち」について歌っています。

聴いているだけで楽しい気分になっちゃうノリノリな一曲です!

 

4. Chicago … Kate Voegele

ドラマ「One Tree Hill」で女優としても知られるケイト・ボイージェルによる曲。

うまく行っていない恋愛関係から逃げ出したい気持ちを歌っていて、曲中の「シカゴ」はその先の目的地を表しています。

吹っ切れたような歌声と歌詞は、聴いているだけですっきりした気分になれるのでおすすめ。

 

5. Empire State of Mind … JAY-Z feat. Alicia Keys

ラッパーのジェイ・Zと、シンガーのアリシア・キーズがコラボした、ニューヨーク愛あふれるエモーショナルな一曲。

実際に住んでいる人はきっと親しみが湧き、訪れたことのない人もニューヨークへの憧れをかき立てられます。

白黒からカラーに変化するミュージックビデオも、スタイリッシュでかっこいいです!

 

6. I Love New York / New York, New York … Glee Cast

人気ドラマ「glee/グリー」のキャストが歌うこの曲は、「I Love New York」と「New York, New York」というニューヨークについて歌った2つの曲がマッシュアップされたもの。

原曲はゆったりめですが、このマッシュアップバージョンはエネルギッシュでハイテンションな一曲に仕上がっています。

劇中でキャストがニューヨークの街を駆け回りながら歌って踊るシーンも、見ているだけでわくわくしちゃいます!

 

7. LA … Leighton Meester

人気ドラマ「ゴシップガール」のレイトン・ミースターが歌うスローテンポでドリーミーな雰囲気の曲。

きらびやかで幸せに見えるLAでの生活だけれど、どこか孤独も感じている様子が伝わってくる歌詞です。

レイトンはこの曲を、フロリダに住む自分の家族を訪ねた時に書いたのだとか。

 

8. LA Hallucinations … Carly Rae Jepsen

カナダ出身の人気女性歌手、カーリー・レイ・ジェプセンが歌う曲。

LAで成功してお金と名声を手に入れたことが、自分の世界や恋人との関係を変えてしまう様子を歌っています。

きらびやかな生活に飲み込まれて、自分を見失ってしまいそうな気持ちを考えるとちょっぴり切ないですね。

 

〈スポンサードリンク〉




 

9. Made in the USA … Demi Lovato

人気女性歌手のデミ・ロヴァートによるこの曲は、アメリカのいたるところでの楽しいデート風景が思い浮かんでくるようなラブソング。

私たちの愛は決して壊れない、と照れくさくなるくらいまっすぐに歌うロマンチックな歌詞が素敵!

デミの伸びやかで力強い歌声も、聴いていて爽快な気分にしてくれます。

 

10. Manhattan from the Sky … Kate Voegele

ドラマ「One Tree Hill」で女優としても知られるケイト・ボイージェルによる曲。

大好きでもっと知りたいと思っている相手のことを、一見完璧に整って見えて実は複雑でめちゃくちゃなところもあるマンハッタンに例えて歌っています。

透明感のある歌声に心を洗われる、爽やかでかわいらしいラブソングです!

 

11. Party In the U.S.A. … Miley Cyrus

陽気でリラックスムードあふれるこの曲は、人気女性歌手のマイリー・サイラスがまだティーンだった頃のヒットソング!

夢を叶えるためLAに降り立った時の期待や不安を、アップビートな曲調にのせて歌っています。

ちょっぴりホームシックな気分の時に聴くと、元気をもらえる一曲です!

 

12. San Francisco … Galantis feat. Sofia Carson

スウェーデン出身の音楽プロデューサー・DJであるギャランティスが、映画「ディセンダント」などで知られる女優・歌手のソフィア・カーソンとコラボ!

夜のサンフランシスコで出会った、忘れられない人について歌うラブソングです。

聴けば聴くほど頭に残るキャッチーさがあって、やみつきになること間違いなし!

 

13. Wake Up America … Miley Cyrus

同じく人気女性歌手のマイリー・サイラスが、15歳の時に書いたというこの曲。

目を覚ましてアメリカ、と地球を大切にすることや環境問題への意識を高めることを呼びかけています。

メッセージ性がありながら、アップビートで爽やかな曲調なので、聴きやすくておすすめ!

 

14. Welcome To New York … Taylor Swift

新しい街にやってきて、夢と希望にあふれた気持ちが伝わってくるこの曲。

ずっと夢だったNYに引っ越してきたテイラーが、その経験からインスピレーションを得て書いたのだそう。

新しい環境に飛び込むときに聴くと元気をもらえる、フレッシュでパワフルな一曲です!

 

15. Young In America … Danielle Bradbery

アメリカのオーディション番組「The Voice」シーズン4で優勝したダニエル・ブラッドベリーによる曲。

2人が若いうちに小さな町を抜け出して冒険に出ましょうよ、と恋人に語りかけるように歌っています。

ザ・青春!な初々しい歌詞はかわいらしく、カントリー調の爽やかなサウンドも心地よいです。

 

以上が、「アメリカが歌詞やタイトルに登場する曲」の紹介でした!

↓そのほかのテーマ別洋楽まとめも、ぜひチェックしてみてください♪

テーマ別おすすめの洋楽まとめ記事一覧(更新中)

2018年7月16日



〈スポンサードリンク〉








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です