【洋楽】感謝を伝えたい!家族について歌った心温まる曲15選

〈スポンサードリンク〉



今回紹介する洋楽のテーマは、「家族について歌った心温まる曲」。

●家族に感謝を伝えたい時
●ふと子供時代が懐かしくなった時
●ちょっぴりホームシックになった時

こんな時に聴きたい、心落ち着く曲を集めています!

テーマ別おすすめの洋楽まとめ記事一覧(更新中)

2018年7月16日

 

1. Been Here All Along … Hannah Montana

マイリー・サイラスが歌うこの曲は、たとえ遠く離れていても、自分のことを大切に想ってくれている親について歌っています。

聴いていると温かく優しい気持ちになれて、両親が恋しくなった時にも励ましてくれる一曲です。

ドラマ「ハンナ・モンタナ フォーエバー」内では、親が仕事で海外にいる子供たちに向けて歌われていました。

 

2. Butterfly Fly Away … Miley Cyrus & Billy Ray Cyrus

マイリー&ビリー・レイ・サイラス親子による、父と娘の絆を歌った心温まるカントリーバラード。

そっと飛び立つ蝶々のように、子供もいつか成長して親のもとを離れていくことを歌っています。

映画「ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー」のサウンドトラックに収録。

 

3. Don’t Forget to Remember Me … Carrie Underwood

「アメリカン・アイドル」出身の女性カントリー歌手、キャリー・アンダーウッドによる曲。

「自分のことを覚えていてほしい」という母から子へ、また子から母への想いをエモーショナルに歌っています。

聴いていると、初めて親から離れて生活することになった日を思い出すような一曲です。

 

4. From the Backseat … Lucy Hale

ドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」で女優としても知られるルーシー・ヘイルによる曲。

ちょっぴりノスタルジックな雰囲気に優しく包まれるカントリーソングです。

後部座席から両親のやりとりを見ていたのを思い出して、子供時代が懐かしく思い浮かんできそう。

 

5. Home … Daughtry

アメリカの人気バンド、ドートリーが歌うエモーショナルな一曲。

一度は出て行ったけれど、結局は自分の居場所だと気付いた家に再び帰りたい気持ちを歌っています。

ちょっぴりホームシックになったときに聴くと、元気をもらえます。

 

6. I Learned From You … Miley Cyrus & Billy Ray Cyrus

マイリー&ビリー・レイ・サイラス親子が、ドラマ「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」で披露した曲。

大切なことはお父さんから学んだ、と普段なかなか素直には認められない感謝の気持ちを歌っています。

口うるさい親をわずらわしく感じたこともあったけれど、自分のことを思ってくれてたんだな、と気付いたときの気持ちを思い出して共感できます。

 

7. Mama’s Song … Carrie Underwood

女性カントリー歌手のキャリー・アンダーウッドによるこのバラードは、結婚式にもぴったりな一曲。

親のもとを離れる娘が、「私は大丈夫、心配しないで」とお母さんに向かって歌っています。

ミュージックビデオには、夫でアイスホッケー選手のマイク・フィッシャーさん、母親のキャロルさんも出演。

 

8. Mom … Meghan Trainor feat. Kelli Trainor

人気女性歌手のメーガン・トレイナーが、母親のケリさんとコラボしたこのユニークな曲は、母の日にもぴったり。

いつも自分を愛してくれるお母さんへの感謝を歌っていて、思わず笑顔になってしまう2人のやりとりも素敵です。

離れて暮らしている人は、これを聴いたらきっとお母さんに電話したくなるはず。

 

〈スポンサードリンク〉




 

9. Never Grow Up … Taylor Swift

人気女性歌手のテイラー・スウィフトによる曲。

早く大人になりたいと思っていた無邪気な子供時代から、成長して親元を離れた現在のさみしい気持ちまでを繊細につづっています。

ちょっぴりホームシックになった時、子供時代や遠くにいる家族が恋しくなった時に聴くと、少し元気になれる曲です。

 

10. Not All Heroes Wear Capes … Owl City

アウル・シティーことアダム・ヤングによるこの曲は、父の日に感謝を込めて贈るのにぴったり!

すべてのヒーローがマントを着ているわけじゃない、といつも自分の世界を救ってくれるお父さんについて歌っています。

自身のお父さんにささげた曲だそうで、ミュージックビデオには父親のランディ・ヤングさんも出演しています。

 

11. Ready, Set, Don’t Go … Billy Ray Cyrus feat. Miley Cyrus

男性カントリー歌手のビリー・レイ・サイラスが、娘のマイリー・サイラスと一緒に歌った曲。

娘が成長していくのを見るうれしい気持ちと、いつかは親から離れていくことになると気付くさみしい気持ちを歌っています。

マイリーの夢を叶えるため、家族でロサンゼルスに引っ越すことに決めた経験をもとにして書かれたのだそうです。

 

12. The Best Day … Taylor Swift

人気女性歌手のテイラー・スウィフトが、自分のお母さんに向けて書いたというこの曲。

無邪気だった子供の頃も、学校でつらいことがあった時も、そばにいてくれたお母さんとの思い出や感謝の気持ちがつづられています。

子供時代の楽しい記憶がよみがえってきて、優しい気持ちになれる一曲です。

 

13. Turn To You(Mother’s Day Dedication)… Justin Bieber

カナダ出身の人気男性歌手ジャスティン・ビーバーが、母の日の直前にリリースした曲。

若くして苦労しながら自分を育ててくれたお母さんへの尊敬や感謝が込められています。

聴いていると、自分のお母さんへのありがとうの気持ちもあふれてくるような一曲です。

 

14. Unconditional … Jordan Pruitt

ディズニーチャンネルへの出演や、オーディション番組「The Voice」への出場でも知られるジョーダン・プルイットによる曲。

いつも無条件に自分を愛し正しい道へ導いてくれる人のおかげで、つらい時も乗り越えられると歌っています。

心にぐっとくる力強い歌詞で、まさに家族への感謝を伝えるのにぴったりの一曲です。

 

15. When You Come Back To Me Again … Garth Brooks

カントリー歌手のガース・ブルックスによるこの曲は、父と子の絆を描いたSFファンタジー映画「オーロラの彼方へ」の主題歌。

暗闇の中でも自分を導いてくれるような存在について歌っていて、自身の亡くなったお母さんに向けて書かれたものでもあるのだそう。

静かだけれど心に迫るような歌詞と曲調で、聴くたびに家族がそばにいてくれるありがたさを実感させてくれます。

 

以上が、「家族について歌った心温まる曲」の紹介でした!

 

↓そのほかのテーマ別洋楽まとめも、ぜひチェックしてみてください♪

テーマ別おすすめの洋楽まとめ記事一覧(更新中)

2018年7月16日



〈スポンサードリンク〉








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です