Kate Beckinsale(ケイト・ベッキンセイル)さんからのファンレターの返信

〈スポンサードリンク〉



こんにちは。

今回紹介するのは、イギリスの女優Kate Beckinsale(ケイト・ベッキンセイル) さんからのファンレターの返信です!

 

ケイトさんを初めて知るきっかけになった作品が、「ヴァン・ヘルシング(原題:Van Helsing)」。

ヒュー・ジャックマンが不死身のモンスターハンターを演じ、ドラキュラ・フランケンシュタイン・狼男など、誰もが知る怪物たちが登場するダークファンタジー映画です。

昔のトランシルバニアやブダペストといった東欧を舞台にした、雰囲気のある映像もかっこよかったのを覚えています。

 

この作品でケイトさん演じるのが、アナ王女。

ドラキュラを倒して先祖の魂を解放するため、ヴァン・ヘルシングと共に長く困難な旅に出る女性役です。

めちゃくちゃスタイルが良くて、華麗にアクションをこなすケイトさんに、思わずほれぼれとしてしまいました!

 

最近やっと見た「トータル・リコール(原題:Total Recall)」は、予告編を見た時から面白そうだなあと期待していた作品。

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の同名映画と原作が同じことでも話題になっていました。

 

人類が、富裕層の集まる「UFB」と貧困層の集まる「コロニー」の2つの居住地区にしか住めなくなった未来が舞台のSFアクション。

主人公は妻と2人で暮らすごく普通の男性で、日常から逃れるために自分の好きな記憶を植え付けてくれる「リコール社」に行くのですが、そこでなぜかスパイ呼ばわりされてしまいます。

その後UFBのエージェントに命を狙われる主人公が、「自分は一体何者なのか?」と問いながら、真実を見つけていく過程がスリリングでした。

 

ストーリーはかなりシリアスで、一度見ただけでは「ん?」と混乱してしまう部分もありました。

それでも激しい銃撃戦やアクションシーン、空に浮かぶ道路での迫力のカーチェイスなど、映像は見ごたえたっぷりでした。

ちょっと意味ありげなエンディングでしたが、続編は製作されるのか気になるところです。

 

ケイトさんが演じているのは主人公の妻で、実は彼の正体を見破るために潜入していた敵のエージェント・・・?という役どころ。

幸せそうに見えた夫婦から一転、主人公の命を執拗に狙う悪役として、強気で冷酷な一面やハードなアクションをこなす様子も見せてくれます。

 

他にも吸血鬼と狼人間の一族間の争いを描いたシリーズ「アンダーワールド」も大人気ですが、ヴァンパイアものが苦手(トワイライト除く)な私はあんまりハマりませんでした。

 

いただいたポートレートのサインは、プリントされたものです。

ドアップのケイトさんがお美しい・・・!

読んでいただきありがとうございました。

 

海外スターからのファンレターの返事♪

2017年7月19日

海外スターへのファンレターの書き方・送り方まとめ

2018年1月13日



〈スポンサードリンク〉








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です