【洋楽】日本や日本語が登場する曲7選

〈スポンサードリンク〉



今回紹介する洋楽のテーマは、「日本や日本語が登場する曲」。

日本語の単語が英語圏でそのまま使われることも増えてきましたが、洋楽にも日本や日本語が登場する曲が実はたくさん!

歌詞を調べてみると、意外な日本語が使われていて面白い発見があるかも。

テーマ別おすすめの洋楽まとめ記事一覧(随時更新中)

2018年7月16日

 

1. Lost in Japan … Shawn Mendes

カナダ出身の人気男性歌手、ショーン・メンデスによるこの曲は、大好きな人に会うためなら海を渡るのも何てことない、という気持ちを歌ったラブソング。

なぜ日本?と気になりますが、インタビューでこの曲は自身が見た夢にインスパイアされて書いたものだと明かしています。

ミュージックビデオには、人気ドラマ「13の理由」で知られる女優のアリーシャ・ボーが出演していることでも話題になりました。

 

2. Lovers in Japan … Coldplay

イギリスの人気バンド・コールドプレイによるこの曲は、とっても幻想的な雰囲気で、聴いているだけで夢を見ているような感覚に。

ミュージックビデオも、空中にネオンの文字を書いたり、紙吹雪が舞ったりと、見ていて不思議な気分にさせられます。

突然「大阪」という言葉が出て来るのにも、びっくり!

 

3. Made in Japan … Bella Thorne & Zendaya

ドラマ「シェキラ!」で主役を務め、現在はそれぞれ映画やドラマで大活躍中のべラ・ソーンゼンデイヤによる曲。

日本をテーマにしたドラマの特別回「シェキラ!メイド・イン・ジャパン」で歌われました。

日本への言及がたっぷりつまったノリノリのダンスソングです!(まさかの「代々木公園」が出てくるのが個人的にはツボでした、笑)

 

4. Nintendo Game … Alessia Cara

カナダ出身の人気女性歌手、アレッシア・カーラによるこの曲は、あの「任天堂」がタイトルに。

恋愛を誰も勝つことができないゲームに例えて歌っています。

みんなが恋愛を一種のゲームのように考えていることから着想を得て書いた曲なのだとか。

 

5. Sayonara … Miranda Cosgrove

人気ドラマ「iCarly」で知られる女優・歌手のミランダ・コスグローヴによる曲。

私に満足してくれないなら「さよなら」よ、と歌うちょっぴり刺激的なラブソングです。

明るいポップソングのイメージが強いミランダですが、この曲はアルバムの中でもちょっと大人っぽい!

 

6. Wasabi … Little Mix

イギリスの人気ガールズ・グループ、リトル・ミックスによる曲。

「ワサビ」というタイトルからは意外ですが、自分たちを批判したりあれこれウワサしたりする人に向けたメッセージを歌っています。

ヘイターに何を言われてもブレない、メンバーの強さが見られるようなかっこいい一曲です!

 

7. Woke Up in Japan … 5 Seconds of Summer

オーストラリア出身のボーイ・バンド、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーによる曲。

インタビューでは、日本のことを想いながら書いた曲だとメンバーが語っています。

歌詞は抽象的ですが、なんとなく二日酔いを思い浮かべますね。

 

以上が、「日本や日本語が登場する曲」の紹介でした!

↓そのほかのテーマ別洋楽まとめも、ぜひチェックしてみてください♪

テーマ別おすすめの洋楽まとめ記事一覧(随時更新中)

2018年7月16日



〈スポンサードリンク〉








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です