Yvonne Strahovski(イヴォンヌ・ストラホフスキー)さんからのファンレターの返信

〈スポンサードリンク〉



こんにちは。

今回紹介するのは、オーストラリア出身の女優・Yvonne Strahovski(イヴォンヌ・ストラホフスキー)さんからのファンレターの返信。

前回に続き、大好きな海外ドラマスターからのお返事です♪

 

イヴォンヌさんを初めて知ったきっかけは、ドラマ「CHUCK/チャック(原題:Chuck)」

オタクっぽくて冴えない主人公が、国家機密情報を頭の中にダウンロードしてしまったことをきっかけに、スパイと普通の店員という二重生活を送ることになるアクションコメディ。

中学生の時にめちゃくちゃはまっていたドラマで、今でも時々見返すことがあります。

 

イヴォンヌさんは、主人公のチャックと共に行動することになるCIAの美人エージェント・サラを演じています。

最初は目立たないようにチャックのガールフレンドのふりをしているのですが、一緒に様々な危機を乗り越えるなかで、だんだん恋愛感情も抱くようになっていく・・・という役どころ。

基本クールビューティーな彼女ですが、時々コスプレしたりお茶目な一面を見せたりしてくれるところがツボです。

チャックとサラ、けんかっ早くてちょっとツンデレ(?)なNSAエージェント・ケイシーの、3人の絶妙なチームが本当に大好きでした!

 

主人公がある日突然スパイになっちゃう!とか、家族にも親友にも内緒で二重生活を送ることになる!とか、ストーリーはある意味王道。

でもチャックの個性豊かな家族やオタクっぽい職場の同僚たちが、さらにストーリーを面白くしています。

アクションシーンもコミカルだったり、かっこよかったり、なかなか見ごたえあり。

 

途中キャンセルの危機を乗り越えてシーズン5まで続き、しっかりとしたエンディングを描いて終わってくれたのは良かったですね。

最終話の海辺でのエンディングシーンはちょっとほろりときちゃいました・・・!

映画化の話もファンや主演俳優さんの間であったみたいですが、結局作られなくて本当に残念。

 

他にもドラマを中心に活躍されていて、「デクスター ~警察官は殺人鬼(原題:Dexter)」「24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ(原題:24: Live Another Day)」、最近では「The Handmaid’s Tale/侍女の物語(原題:The Handmaid’s Tale)」で主要な役を演じられているようです。

 

いただいたポートレートは「チャック」の時のサラの写真。

名前入りのサインまでしていただけて、本当に感激でした・・・!

今後もドラマはもちろん、映画などでも活躍してくれることを期待したいと思います♪

 

海外スターからのファンレターの返事♪

2017年7月19日

海外スターへのファンレターの書き方・送り方まとめ

2018年1月13日



〈スポンサードリンク〉








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です