【保存版】『ダイナスティ』キャストの音楽活動まとめ!おすすめ曲&リンク集

〈スポンサードリンク〉



Netflixドラマ『ダイナスティ』の見所のひとつは、出演者が実際に歌うミュージカル・シーン!

歌手としても活動していたり、他の作品でも歌声を披露していたり、実は音楽の才能あふれるキャストがたくさんいるんです。

この記事では、「ダイナスティ出演者の歌声がもっと聴きたい!」という方に向けて、キャストの音楽活動や、おすすめの曲&動画へのリンクをまとめています。

目次

スティーヴン役&サム役

ドラマ『ダイナスティ』で、特に人気の高かったスティーヴン&サムのカップル。

2人を演じたジェームス・マッケイさん(スティーヴン役)とラファエル・デ・ラ・フエンテさん(サム役)は、一緒に何度か演奏を披露しています。

プライベートでも仲良し!2人がSNS上で公開した演奏

Somewhere Over The Rainbow

スティーヴン役のジェームスさんが、YouTubeに投稿した動画。

映画『オズの魔法使』で、ジュディ・ガーランドが歌った名曲「Somewhere Over The Rainbow(虹の彼方に)」を2人で披露しています。

サム役俳優さんの伸びやかな歌声、スティーヴン役俳優さんの美しいピアノにうっとり!

 

Georgia on My Mind

スティーヴン役のジェームスさんが、Instagramに投稿した動画。

ホーギー・カーマイケル作曲、ステュアート・ゴレル作詞の「Georgia on My Mind(我が心のジョージア)」を2人で披露しています。

見ているだけで、スティーヴン&サムのカップルが懐かしくなっちゃう!

目次にもどる

サム役

クリステルの甥としてキャリントン家に転がり込むサムを演じるのは、ベネズエラ出身俳優のラファエル・デ・ラ・フエンテさん。

『ダイナスティ』内ではもちろん、他の出演作品やSNS上でも美しい歌声をたびたび披露されています。

この投稿をInstagramで見る

We want you to listen…

Rafael De La Fuente(@rafaeldlf)がシェアした投稿 –

 

映画でも歌声を披露

サム役のラファエルさんは、2014年のファミリー向け映画『The One I Wrote for You(原題)』に出演

一度夢に破れて今では家庭を持つ主人公が、再びミュージシャンを目指して奮闘する・・・というストーリーの映画だそう。

ラファエルさんは、サントラにも収録されている2つの曲「Ain’t Got You」「Waker of the Wildfire Within」を歌っています。

 

Ain’t Got You

 

Waker of the Wildfire Within

 

同じ国出身の女性歌手とコラボ

サム役のラファエルさんは、同じベネズエラ出身のシンガー・ソングライター/女優のMayré Martínezさんと何度かデュエットを披露しています。

 

A Whole New World

映画『アラジン』からの曲、「ア・ホール・ニュー・ワールド」をカバー。

 

Beauty and the Beast

映画『美女と野獣』からの曲、「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」をカバー。

 

I Don’t Wanna Live Forever

人気歌手のテイラー・スウィフト&ゼインが、映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』のために歌った曲「アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー」をカバー。

 

ちなみにコラボしているMayré Martínezさんは、有名音楽オーディション番組の中南米版『Latin American Idol(原題)』シーズン1で優勝したこともある人物です。

 

母国への支援を訴えるチャリティーも

サム役のラファエルさんは、同じベネズエラ出身の俳優・歌手のPecheさんともデュエットを披露しています。

 

Sign Of The Times

イギリス出身の人気歌手、ハリー・スタイルズの曲「Sign of the Times」をカバー。

人々が十分な医療を受けられない母国・ベネズエラの現状を伝え、寄付などの行動を呼びかけるために参加されたようです。

目次にもどる

カルヘイン役

キャリントン家のお抱え運転手であるカルヘイン役を演じるのは、アメリカ人俳優のロバート・クリストファー・ライリーさん。

『ダイナスティ』内で歌う場面は今のところないですが、実は歌手としていくつか曲をリリースしているんです!

 

Rob “Peppasauce” Rileyとして歌手活動

カルヘイン役のロバートさんは、Rob “Peppasauce” Riley(ロブ・ペッパソース・ライリー)として音楽活動も行っています。

トリニダードやバルバドスにルーツを持つロバートさんの音楽は、気分がアガる陽気な雰囲気のものばかり!

『ダイナスティ』内でのキャラとは180度異なるはじけっぷりが新鮮です。

 

Stomping Ground

ミュージックビデオは、こちら(YouTube動画)

 

Port Of Spain (P.O.S.)

ミュージックビデオは、こちら(YouTube動画)

 

True Love

 

Prove It

 

目次にもどる

ファロン役

大富豪キャリントン一家の娘・ファロン役を演じるのは、アメリカ人女優のエリザベス・ギリースさん。

『ダイナスティ』の他にも、今まで多くの作品でその歌声を披露しています。

この投稿をInstagramで見る

One week 🌹

Elizabeth Gillies(@lizgillz)がシェアした投稿 –

 

エリザベスさんが歌声を披露した作品

ブロードウェイ・ミュージカル『13』

近々Netflixで映画化される話もあるブロードウェイ・ミュージカル『13。エリザベスさんは、この作品にオリジナル・キャストとして出演していました。

人気歌手で親友のアリアナ・グランデさんとは、このミュージカルで初めて共演したことで有名です。

 

ティーン向けドラマ『ビクトリアス』では高校生役

米ニコロデオン局のシットコム『ビクトリアスには、主要キャラクターの高校生・ジェイド役として出演。

日本でも放送されていたので、見たことがあるファンの方も多いかも。

 

ドラマ『Sex & Drugs & Rock & Roll』では元ロックスターの娘役

ミュージカルを交えた米FXのコメディドラマ『Sex & Drugs & Rock & Roll(原題)』では、バンド・The Assassinsとしてたくさんの曲を披露。

シーズン3からアレクシス役を演じる女優のエレイン・ヘンドリックスさんとも、このドラマで一度共演しています。

 

目次にもどる

アダム役

長年行方が分からなかったキャリントン一家の息子・アダムを演じるのは、イギリス出身俳優のサム・アンダーウッドさん。

若い頃から演劇に親しみ、ブロードウェイ俳優を輩出するニューヨークのThe American Musical and Dramatic Academy(AMDA)で学んでいた経歴も持つのだそう。

ミュージカル『Like You Like It』

アダム役のサムさんは、ミュージカル『Like You Like It』に出演。

サウンドトラックに収録されている曲のうち、「Gotta Get Out」「Creating a Monster」という2曲を歌っています。

 

Gotta Get Out

 

Creating a Monster

 

アダム役の歌声が楽しめる厳選ビデオ

Dancing with the Devil

サムさんが、2018年7月に開催された「Billy Recce’s Snowflake Jamboree」に出演された時の動画。

The Charlatans』というミュージカルからの一曲だそう。

 

Easy Way Out

サムさんが、ミュージカル『Like You Like It』からの一曲を披露している2014年の動画。

一緒に歌っているのは、TVドラマ『サブリナ』やミュージカル『ウィキッド』などで知られるジェナ・リー・グリーンさんです。

 

サム・アンダーウッドさんは、Instagramアカウント(@samunderwoodnyc)にもよく歌動画をアップされているので、ぜひチェックしてみてください!

目次にもどる

ドラマ『ダイナスティ』には、意外な音楽の才能を持つキャストがたくさん。

今後もドラマの内外で、歌声を披露してくれるのを楽しみにしたいですね。

 

↓『ダイナスティ』ファンの方には、こちらの記事もおすすめです。

 

↓新しい海外ドラマを探している方にはこちらもおすすめです。

【2020年最新】Netflixのおすすめ海外ドラマまとめ

2019年1月6日



〈スポンサードリンク〉








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です