ドラマ『ケイティ・キーン』のあの曲はカバー?オリジナル?全曲調べてみました

〈スポンサードリンク〉



ドラマ『ケイティ・キーン(Katy Keene)』の注目ポイントの一つは、才能あふれるキャストが歌声を披露するミュージカルシーン

この記事では、『ケイティ・キーン』のキャストが歌うすべての曲に関して、カバーなのか、オリジナルなのかを調べてみました!

無料で視聴できるiTunesのボタンもつけているので、ぜひ原曲と聴き比べて楽しんでみてください!

目次

 ▶シーズン1

シーズン1

1. Cut to the Feeling(カット・トゥ・ザ・フィーリング)

原曲は、カナダ出身の人気女性歌手であるカーリー・レイ・ジェプセンによるもの。

 

2. Diamonds Are Forever / Material Girl

以下の2曲がもとになっています。

シャーリー・バッシーが歌う、映画『007』の主題歌『Diamonds Are Forever(ダイヤモンドは永遠に)』。

●アメリカ人女性歌手のマドンナによる曲『Material Girl(マテリアル・ガール)』。

 

3. Glow(グロー)

(↓ピアノ・バージョンもあります)

オリジナル・ソング。

 

4. Spanish Harlem(スパニッシュ・ハーレム)

原曲は、アメリカ人男性ソウル歌手のベン・E・キングによるもの。

 

5. Moment 4 Life(モーメント4ライフ)

原曲は、ラッパーのニッキー・ミナージュドレイクによるもの。

 

6. Million Reasons(ミリオン・リーズンズ)

原曲は、アメリカ人女性歌手のレディー・ガガによるもの。

 

7. You Can’t Hurry Love(恋はあせらず)

原曲は、アメリカの女性音楽グループ・スプリームスによるもの。

 

8. City of Lights(シティ・オブ・ライツ)

オリジナル・ソング。

 

9. Unbreak My Heart(アンブレイク・マイ・ハート)

原曲は、アメリカ人女性歌手のトニ・ブラクストンによるもの。

 

10. Dirrrty(ダーティー)

原曲は、歌手のクリスティーナ・アギレラ&ラッパーのレッドマンによるもの。

 

11. Eye On the Sparrow(一羽の雀)

アメリカ人女優・歌手のエセル・ウォーターズによるバージョンがよく知られているゴスペル讃美歌。

 

12. My Strongest Suit(マイ・ストロンゲスト・スーツ)

エルトン・ジョンが作曲家として参加したブロードウェイ・ミュージカル『アイーダ』からの一曲。

 

13. Pretty Hurts(プリティー・ハーツ)

原曲は、アメリカ人女性歌手のビヨンセによるもの。

 

14. Try(トライ)

オリジナル・ソング。

目次にもどる

ドラマ『ケイティ・キーン』でキャストが歌う曲は、カバーが多め・オリジナルも少々と今のところ様々。

同じくアーチー・コミックスを原作にした『リバーデイル』と比べると、比較的最近の人気歌手のカバーも多いのが特徴的です。

今後もジョシーやケイティたちが、どのような曲を披露してくれるのか楽しみですね!

 

↓新しい海外ドラマを探している方にはこちらもおすすめです。

【2020年最新】Netflixのおすすめ海外ドラマまとめ

2019年1月6日

【2020年最新】Amazonビデオのおすすめ海外ドラマまとめ

2019年5月14日



〈スポンサードリンク〉








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です