【洋楽】今ドキ人気歌手がカバーする80年代前半の名曲15選/5SOS、ショーン・メンデス、セレーナ・ゴメスなど

〈スポンサードリンク〉



今回紹介する洋楽のテーマは「今ドキ人気歌手がカバーする80年代前半の名曲」

昔の曲に興味があるけれど、ちょっぴりとっつきにくい・・・?という方のために、若い世代にもなじみのある歌手によるカバーを集めています!

この記事では、特に80年代前半(ここでは80~84年とします)にリリースされた曲に注目。ぜひ新旧の歌手を聴き比べてみてください!

テーマ別おすすめの洋楽まとめ記事一覧(随時更新中)

2018年7月16日

 

1. All Through the Night … Riverdale Cast

アメリカ人女性歌手のシンディ・ローパー(Cyndi Lauper)が歌う80年代の名曲「オール・スルー・ザ・ナイト」。

ティーンに大人気のドラマ「リバーデイル」では、アシュリー・マレー演じるジョシーが率いるバンド、ジョシー&プッシーキャッツがこの曲をカバーしています。

 

2. Bad Reputation … Avril Lavigne

アメリカ人女性歌手のジョーン・ジェット(Joan Jett)が歌う80年代の人気曲「バッド・レピュテーション」。

カナダ人女性歌手のアヴリル・ラヴィーンによるカバーは、アニメ映画「ONE PIECE FILM Z」の主題歌として日本でも話題になりました。

 

3. Edge of Seventeen … Lindsay Lohan

アメリカ人女性歌手のスティーヴィー・ニックス(Stevie Nicks)が歌う80年代の人気曲「エッジ・オブ・セブンティーン」。

映画「ミーン・ガールズ」などで知られる女優・歌手のリンジー・ローハンは、自身のアルバム「A Little More Personal(RAW)」でこの曲をカバーしました。

 

4. Ghostbusters … WALK THE MOON

アメリカ人男性歌手のレイ・パーカー・ジュニア(Ray Parker Jr.)が歌うこの曲は、1984年の映画「ゴーストバスターズ」のテーマソング。

ヒット曲「Shut Up and Dance」などで知られるウォーク・ザ・ムーンによるカバーは、2016年のリブート映画「ゴーストバスターズ」のサントラに収録されています。

 

おすすめの別バージョン

●ヒット曲「Centuries」などで知られるバンド、フォール・アウト・ボーイと、女性ラッパーのミッシー・エリオットがコラボしたカバー。

 

5. Girls Just Wanna Have Fun … Miley Cyrus

アメリカ人女性歌手のシンディ・ローパー(Cyndi Lauper)が歌う80年代の大ヒット曲「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」。

人気歌手のマイリー・サイラスは、自身のアルバム「Breakout」でこの曲をカバーしました。

ガールズ・パワー全開の歌詞で、いつ聴いても元気づけられる一曲です!

 

6. I Guess That’s Why They Call It the Blues … Alessia Cara

イギリス人歌手のエルトン・ジョン(Elton John)が歌う80年代の大ヒット曲「ブルースはお好き?」。

カナダ出身の女性歌手アレッシア・カーラによるバージョンは、アルバム「ユア・ソング ~ エルトン・ジョン ベスト・ヒッツ・カヴァー」に収録されています。

 

7. Kids of the Future … Jonas Brothers

イギリス人女性歌手のキム・ワイルド(Kim Wilde)による80年代の大ヒット曲「キッズ・イン・アメリカ」。

人気兄弟バンドのジョナス・ブラザーズが一部歌詞を変更してカバーし、アニメ映画「ルイスと未来泥棒」の主題歌として使用されました。

 

おすすめの別バージョン

●ティーンに大人気のドラマ「リバーデイル」で、アーチー役のKJ・アパ、ヴェロニカ役のカミラ・メンデスが歌ったバージョン。こちらはより原曲に忠実です。

 

8. Love Will Tear Us Apart … Fall Out Boy

イギリスのバンド、ジョイ・ディヴィジョン(Joy Division)による80年代のヒット曲「ラヴ・ウィル・テア・アス・アパート」。

ヒット曲「センチュリーズ」などで知られるアメリカのバンド、フォール・アウト・ボーイがカバーしています。

愛が自分と大切な人を引き裂く・・・というこの上なく切ない歌詞が胸に刺さります。

 

〈スポンサードリンク〉




 

9. Mad World … Riverdale Cast

イギリスの2人組バンド、ティアーズ・フォー・フィアーズ(Tears for Fears)が歌う80年代の名曲「マッド・ワールド」。

ティーンに大人気のドラマ「リバーデイル」では、アーチー役のKJ・アパ、ヴェロニカ役のカミラ・メンデス、ベティ役のリリ・ラインハートがカバーしました。

 

10. Only You … Selena Gomez

イギリス出身の男性2人組ユニット・ヤズー(Yazoo, Yaz)による80年代の大ヒット曲「オンリー・ユー」。

人気歌手のセレーナ・ゴメスによるこのバージョンは、彼女自身が製作総指揮を務めるNetflixオリジナルドラマ「13の理由」で使用されました。

切なさがあふれ出す、エモーショナルなラブソングです。

 

11. Our Lips Are Sealed … Hillary Duff & Hayley Duff

アメリカのガールズ・バンドであるゴーゴーズ(The Go-Go’s)が歌う80年代のヒット曲「泡いっぱいの恋」。

ディズニーチャンネル出身の人気歌手・ヒラリー&ヘイリー・ダフ姉妹が、映画「シンデレラ・ストーリー」のためにカバーしました。

 

12. Under Pressure … Shawn Mendes feat. teddy<3

イギリスのバンド・クイーン(Queen)と、イギリスの男性歌手デヴィッド・ボウイ(David Bowie)が歌う80年代の人気曲「アンダー・プレッシャー」。

人気歌手のショーン・メンデスと注目歌手のテディ・ガイガーが歌うこのバージョンは、映画「ボヘミアン・ラプソディ」の公開にあわせてリリースされました。

 

13. We Got The Beat … Debby Ryan

アメリカのガールズ・バンドであるゴーゴーズ(The Go-Go’s)が歌う80年代の大ヒット曲「ウィ・ガット・ザ・ビート」。

カバーしているのは、ドラマ「欲望は止まらない!」のデビー・ライアン

彼女自身が主演した映画「秘密のラジオ・ガール」で使用されました。

 

14. What I Like About You … 5 Seconds of Summer

アメリカのバンド、ザ・ロマンティックス(The Romantics)による80年代の人気曲「ホワット・アイ・ライク・アバウト・ユー」。

カバーしているのは、オーストラリア出身のボーイ・バンド5SOSことファイヴ・セカンズ・オブ・サマー

恋人の好きなところをストレートに歌った、ハイテンションなラブソングです。

 

15. What’s Love Got To Do With It … Pixie Lott

グラミー賞も多数受賞した、ティナ・ターナー(Tina Turner)による80年代の大ヒット曲「愛の魔力」。

イギリス人女性歌手のピクシー・ロットは、2019年の国際女性デーを記念してこの曲をカバー&リリースしました。

 

以上、「今ドキ人気歌手がカバーする80年代前半の名曲」の紹介でした!

 

↓人気歌手がカバーするクリスマスの名曲もぜひあわせてチェックしてみてください!

【洋楽】人気歌手がカバーするクリスマスの名曲50選(パート1/2)

2018年11月7日

【洋楽】人気歌手がカバーするクリスマスの名曲50選(パート2/2)

2018年11月19日

【洋楽】ディズニーチャンネルスターがカバーするクリスマスの名曲20選

2018年11月12日

 

↓そのほかの洋楽まとめも良ければチェックしてみてください♪

テーマ別おすすめの洋楽まとめ記事一覧(随時更新中)

2018年7月16日



〈スポンサードリンク〉








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です